猛暑も終わり、徐々に冬へと近づいてくる秋は涼しくなってきてとても過ごしやすいものです。しかし、この季節には夏バテならぬ秋バテを発症してしまうことがあります。

 

 

確かに、大学生、高校生、中学生、小学生にとっては夏休みが終わり、学校へ行かなくてはいけないいつもの日常生活が待ち受けているので、9月というのはなかなか気分が高揚しないものです。そんな学生たちは”9月病”なるものになるみたいですが、秋バテはまた少し違います。

 

さて、秋バテとはどんなことが原因で、症状にはどんなものが現れるのでしょうか?

 

sponsored link

 

そもそも夏バテというやつは、夏の暑さにより体がだるくなったり、食欲がなくなったりしてしまうというものですが、病気と呼べるほど症状が重いものは滅多になく、多くの人が放置しますね。実際、夏バテは放置しても特に問題はなく、暑さが過ぎれば自然と解消されていくもの。

 

しかし暑さが過ぎたのに一向に夏バテが解消されないな~というような場合、それは秋バテにかかっている可能性があります。

 

健康というものは一朝一夕で作られるものではなく、長いスパンで形作られていきます。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは言いますが、喉元を過ぎてもその熱いものの処理を任されるのは胃・腸・肝臓などです。体の健康は地続きになっているということを意識しましょう。

 

秋バテの原因とは

秋バテになってしまう原因というのは、実は夏の過ごし方も一つの要素になります。

 

夏の暑さによって大量に汗をかいて体液を消耗したり、体力が低下したり、冷たいものを取りすぎたことによる消化機能の低下、冷房の効きすぎによる冷えなど、夏場の生活習慣の乱れが積もり積もって、そのツケが秋ごろにやってくるということです。

 

また、秋は気温の寒暖差が激しい季節です。夏は夏で、熱い室外と冷房の効いた室内の寒暖差が激しく、それにより自律神経に異常をきたす夏バテになりやすいものですが、冷房は調節ができますので、それによって防ぐことはできますね。しかし秋は、空調を調整しなくても夜は涼しいのに対して、日中はまだ結構暑かったりするので寒暖差ができやすいのです。

 

元々人間のような恒温動物というのは、体温を一定に保つために相当なエネルギーを使っています。そこに、秋から夏へと移り変わっていくことによる寒暖差、さらには秋そのものの一日の寒暖差によって相当な負担になるのです。

 

加えて、前述のように夏場の生活習慣の乱れにより体が弱っているのもありますからね。

 

さらに言うと秋の気候にも原因があり、夏は高気圧が維持されていて比較的いい天気の日が多いですが、秋雨前線に代表されるように、低気圧が通り始める季節です。低気圧というのは天候の悪さとして語られることが多いですが文字通り「気圧が低い」ということでもあります。気圧が低い、つまり酸素が少ないんですね。これによって呼吸が乱れ、自律神経が狂ってしまう、ということもあります。

 

まあ、天候に関してはどうしようもないことですが、寒暖差をなるべく作らないようにするという防衛策は個人でもできそうですね。

 

秋バテの症状は?

秋バテの症状としては、そこに至る原因が夏バテとほぼ同じなので、夏バテの症状とよく似ています。

 

・だるい、疲れやすい
・食欲不振、胃が持たれる
・胃腸の調子が良くない
・頭がぼーっとする
立ちくらみ頭痛、めまい
・睡眠不足、朝すっきりと起きれない
・風邪を引きやすい
・目の疲れ、肩こり
・ストレスを感じやすい
便秘
抜け毛

 

などが秋バテの症状ですね。中には夏バテと同じようなものもありますが、秋バテに特徴的な症状もあります。

 

中でも気になるのは抜け毛。食欲がないとか、だるいなど放っておけば何とかなる夏バテに比べて、抜け毛は放っておくとやばいですからね。

 

これは、夏の紫外線で頭皮に負担がかかっているところに、前述のような気温の寒暖差で体が参ってしまうことからくるものです。

 

秋バテの対策は

秋バテの主な原因は体に急激な寒暖差を作ること。となると、なるべく寒暖差を作らないことが秋バテの対策になります。

 

中でも食事は体の体温の維持のために欠かせないもの。冷えてしまいがちな体を温める効果のあるものを食べましょう。ネギ、しょうが、ニラなどのユリ科の野菜に加えて、かぼちゃなどを食べると効果的です。

 

冬が旬と思われがちなかぼちゃですが、実は旬は秋からです。収穫の旬という意味では夏なのですが、収穫したばかりのかぼちゃは甘くなく、これを熟成させて甘味を増やすという食べ方をするため、冬が旬と思われているのです。もちろん秋ごろに食べても十分おいしいですし、体を温めて秋バテ防止に効果的です。

 

できればこれは、夏の終わりくらいから意識しておきたいものですよね。夜に冷房をつけるならあまり気温差が激しくならないようにしたり、冷たい飲み物や冷たい食べ物ばかり食べるのを控え、体の秋への移行がスムーズにできるように備えたいものです。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!