有機野菜というと、無意識に健康に良い物というふうに刷り込まれていますよね。

野菜

 

有機、あるいはオーガニックというのは野菜だけでなくオーガニックコスメなんていう形でも登場して、なんとなーく体に良さそうなものだから、と健康志向の人々の心を掴んでいます。

 

しかし、そうやって思考停止で受け入れてしまうのはちょっと待って下さい。むしろ、有機野菜が普通の野菜よりも危険なのではないか、と言われていることはご存知でしょうか?

 

そもそも、有機(オーガニック)とは一体どういうものを指すのか?ということから紐解いていきましょう。

 

sponsored link

オーガニックとは

オーガニックは別名・有機栽培で、化学肥料(無機肥料)や農薬を使わずに育てられた植物というのが簡単な表現になります。

 

オーガニックとは、「人の体に良いものを作るため」という目的から作られたものではありません。オーガニックの本来の目的というのは、自然界にある微生物や植物の汚染を防ぐことを考えた「環境に良い物を作るため」ということです。これを私たちは自分本位に受け取って「健康に良いもの」と解釈しているのです。

環境

そもそも、有機肥料も無機肥料も作物に与える最終的な影響は同じです。というのも植物は本来、無機物を栄養としているからです。有機肥料と無機肥料の違いはそのプロセスにあり、有機肥料は土壌中の微生物の餌となり分解されて無機物になるのに対して、無機肥料はそのまま作物の栄養とすることが出来ます。

 

しかし無機肥料は微生物の栄養とならないためこれが多すぎると土壌から微生物が減り、土地が痩せてしまうという問題が起きるのですね。

 

環境に良い物を作る、その副次的な結果として「人の健康に良い」ものが出来ることもあるかもしれませんが、そこを第一の目的とはしていない以上、ずれが生じることもあります。

 

しかし「スイーツ」などと同じように、横文字にすることでキャッチーなフレーズとなって、与えられたものを思考停止で受け入れる層にとってものすごく好物なんだと思います。

 

こう言ってはなんですが、スイーツという言葉が好きそうな層ってオーガニックコスメとかも喜んで手に取りそうじゃないですか。良いように手玉に取って踊らされているような印象を受けます。

 

まあ、もちろん環境のことを第一に考えてオーガニック商品を手に取るのは良い信念だと思いますが、「健康に良さそうだから」と考えるのはちょっとお門違いってことですね。

 

有機野菜=無農薬とは限らない

野菜の安全性を考える上で必ず出てくるのが残留農薬の話です。

農薬

確かに、有機JAS規格において有機栽培の作物というのは「2年以上原則として農薬・化学肥料を使っていない作物(果物は3年」という風に定められており、基本的には農薬は使いません。しかし、原則としてという前置きがありますね。裏を返せばやむを得ない場合には農薬の使用が認められるということです。

 

そもそも日本の農作物には農薬の残留に関して厳しい基準があり、作物に人の健康を害するほどの量の農薬が残留しているということはないのですがね。これまでに一度でも「農薬が残留していた野菜を食べて事故が起きた」なんていうニュースを聞いたことがありますか?

 

そして、無農薬だからこそかえって危険が増すという話も出てきています。

無農薬のほうが危険?

農薬が悪だと散々教えこまれてきた人たちにとっては衝撃かもしれませんが、無農薬の作物の方が却って害があるというような報告もされています。

 

その根拠は「植物が病原菌や害虫と接触すると外敵から身を守るために抵抗物質を出し、それが人間にとって有害な物質」というものです。

 

これは近畿大学の研究チームによって報告され、実際に無農薬の作物は感染特異的たんぱく質という抗体物質が増えていました。まあこれはある意味当然ですね。外敵に侵されれば自衛機能が働くというのは我々人間も同じですから。

 

この実験の信憑性がいかほどなのかという疑問もありますし、だから農薬を使ったほうが良いというわけでもないのですが、ここで問題にしたいのはこのように「農薬を使わないことによるリスクが増える」可能性もあるということです。感染特異的たんぱく質というのはその1つでしかありません。

 

そもそも無農薬というのは安全性を保証したものではありません。有機栽培というのは有機JASに定められた規格がありますが、無農薬というのは生産者さえその危険性についてはノーチェックです。

 

それこそ、「無農薬だから安心なのよ」と近所の婆さんが作って持ってきた虫だらけの野菜だって無農薬です。そんなものを食べるくらいならきちんと農薬を使って管理されたものを食べたほうがよっぽど安全じゃないですか?

 

無農薬だから良い、有機だから良い、農薬を使ってるからダメとかそういう単純な話なのではありません。それは例えば市民プールで塩素を使わずに、多くの人の体から出る汗、雑菌、乳幼児の糞尿が混じった水の中を泳ぐほうが自然に近くて良いのだ、というような暴論です。

プール

要は「適材適所」が大事なのです。必要ならば農薬を使う、でも使い過ぎない。その辺の微調整をプロの農家さんはされておられるのだと思いますよ。

 

ただそういった微調整をうまくやったものというのはキャッチーなフレーズが特にないので「無農薬」「有機栽培」というワードのほうがどうしても消費者には受け入れられやすいのでしょうね。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!