紙巻きタバコの代用品として登場した電子タバコ。

電子たばこ

 

香りや味のする溶液を器具で加熱して、その水蒸気を吸うというものです。普通のタバコから電子タバコに移行し、無理なく徐々に禁煙するという目的でも使われているみたいですね。

 

 

私自身、タバコを吸わないのでそれだけ聞くとすごく合理的なもののように思えるのですが、果たして本当に健康に害はないのでしょうか?タバコの煙じゃないとしても、結局何かの煙を吸うということですから、下手したら普通にタバコよりも健康被害が大きい物もあるんじゃないでしょうか?

 

ここでは、電子タバコの健康被害についてお伝えしていきたいと思います。

 

sponsored link

ニコチンの毒性

タバコというと真っ先に思い浮かぶのがニコチンという有害物質ですね。

 

ニコチンを摂取すると脳に快楽をもたらします。その一方で体内のニコチンがなくなるとイライラしたり集中力がなくなったりといった離脱症状(禁断症状)が起こり、さらなるニコチンを摂取したいという欲求をもたらします。ニコチン中毒と言われるように、タバコが習慣になると依存してしまってなかなか吸うのをやめることが出来なくなってしまう原因にもなります。

タバコ

 

そもそもニコチンというのは毒物及び劇物取締法に規定される毒物です。即効性の神経毒で、その毒性は青酸カリの倍以上。こんなものに中毒性があるというのですからタバコが体に良いはずがありませんね。

 

心臓や血管にダメージを与えて身体全体の新陳代謝を阻害するほか、肌のくすみ・しわ・しみ・吹き出物など肌のトラブルを引き起こしたり、母体には胎児への悪影響なども考えられます。

 

その強い毒性からアオムシなどの害虫駆除にも使えたようなのですが、あまりの毒性の強さから現在では禁止されております。

 

電子タバコの中には、ニコチンが含まれているリキッドを利用したものもあるようですが、基本的にはニコチンは含まれません。そもそも、薬事法によってニコチン入りのリキッドは日本国内での販売が禁止されていますからね。ですが、売られているリキッドには製造地が日本ではなく、日本の薬事法も適用されていないものも多いから注意が必要です。

 

というか、わざわざニコチンを含まれる電子タバコを吸うくらいなら普通のタバコでいいのではと思いますよね。ニコチン依存症を直すという意味でもこれを吸うのはあまり意味が無い気がしますが。

 

じゃあニコチンが含まれていない電子タバコなら安全かというとそういうわけでもないようです。

電子タバコの害

電子タバコは普通のタバコより健康被害が少ないのは事実ですが、電子タバコならではの有害成分というものもあります。

ホルムアルデヒド

電子たばこにはホルムアルデヒドが含まれるとされています。

 

ホルムアルデヒドは発がん性のある物質です。メタノール中毒という言葉がありますが、メタノールを摂取すると体内のアルコール脱水酵素によりホルムアルデヒドに変化します。これが大変毒性が強く、メタノールの摂取量が多いと失明や死亡に至ることもありえます。そして、このホルムアルデヒドは通常の紙巻たばこよりも多い量が含まれています。

 

これは、電子タバコが水蒸気を作り出す過程に原因があります。電子タバコはリキッド(溶液)を高熱によって水蒸気に変え、その水蒸気を吸うという構造ですが、電子タバコのリキッドにはプロピレングリコール、グリセリンなどが使われています。

 

グリセリン、プロピレングリコール自体は特に有害な成分というわけではありません。化粧品、医療品、食品添加物などにも使われていて、具体的に言うとケーキ、お菓子、スキンクリーム、化粧水、目薬などに使われている馴染み深い物質です。

 

しかし、このグリセリンとプロピレングリコールに電圧を加えて、酸素が存在するところで熱することでホルムアルデヒドが発生してしまうのです。

 

ならそもそもこのグリセリンとプロピレングリコールを使わずに、水だけから溶液を作ればいいじゃないかと思いますが、これらがまさに煙を吸った時の甘みを演出しており、吸引した時の口当たりの良さを形成しております。

 

これこそがニコチン中毒者の寂しい口元をごまかせる理由であって、ただの水蒸気を吸っても味のしないガムを噛んでいるようなものなのでしょう。

 

この研究報告というのはアメリカ・ポートランド州立大学の研究チームが実験を行い、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」にその結果を掲載したものなのですが、その時の実験によると「エアロゾル化した液体や気相ホルムアルデヒドの計測が不完全」だそうで、実際にはこの実験結果よりも多くのホルムアルデヒドを含んでいる可能性もあります。

ジアセチル

リキッドには通常、香り付けをするためのフレーバーが含まれています。これにはジアセチルというバターやキャラメル、イチゴ、バタースコッチキャンディーといった様々な風味付けに使われるものがあるのですが、ジアセチルが気管支炎を引き起こす事が考えられます。

咳

ジアセチルによる気管支炎は、ポップコーンの製造業者の従業員が肺病を発症したことから「ポップコーン肺」と呼ばれており、フレーバーで香りづけする電子たばこの方が普通のタバコより懸念される健康被害と言えるでしょう。

 

以上のことから電子タバコだからと言って100%安全ということはありません。とはいえ、通常のタバコに含まれるニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質は存在しないというのも確かです。

 

電子タバコをたばこの代わりに常用するというのはあまりお勧めしませんが、禁煙するためのつなぎとして一時的に使用するのならば電子タバコも良いと思います。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!