舌をよく見ると、白くなっていることってありますよね。

舌

 

舌が白いからといって、味覚に影響があったり舌が痛かったりすることはないのですが、やはり白い舌を他人に見られるとちょっと恥ずかしいもので、それが原因で人前で口を開くことが恥ずかしくて出来ない、なんてことにもつながってしまいます。

 

 

この白い物質を取り除こうと、舌ブラシなるものも存在しています。しかし、いくら舌を磨いても時間が経つとまた白い物質が出来てしまうんですよね。

 

こちらでは、あの舌の白い物質は一体何なのか?また、出来るだけ少なくする方法などをお伝えしたいと思います。

sponsored link

舌の白い物質「舌苔」とは

 

舌にこびりつくあの白い物質の正体は舌苔(ぜったい)と呼ばれるもの。呼んで字のごとし、舌の苔(こけ)というわけです。

 

舌苔は食べかす、口の中の細菌、古くなった舌の細胞などから出来ており、健康な人でもある程度の舌苔は発生するものです。それは舌苔自身に水分を保持したり舌を保護したりする役割があるためです。

 

むしろ舌苔が全く無い状態のほうが健康的であるとは言えず、内臓の病気があったり栄養状態が良くない場合に絶好が全くなくなってしまったりします。

 

考えてみれば舌というのは毎日の食事にあたって、食べ物が私たちの体と接触する最初の部分でもあるわけです。単に食べ物との物理的接触をするだけでなく、歯と触れ合って傷ついたりもします。それ故に舌というのは新陳代謝が活発なんですね。

 

とはいえ、舌苔が多すぎるのも困り者で、あまり多いと口臭の原因にもなってしまいます。

 

舌苔は食べかす、細菌、古くなった舌の細胞の集まりなので、指や爪で取ってみると分かるのですが舌苔そのものも臭いです。これらに加えて、細菌が食べかすや古くなった細胞などのタンパク質を分解して硫化水素を発生させて口臭の原因にもなるのです。

 

舌苔が多くなる原因と改善のための対策

なぜ舌苔が多くなってしまうのでしょうか?上述のように舌苔が食べかす、細菌、古くなった舌の細胞からできていることから考えれば、これらのうちのどれかが異常に増えることが原因と考えられます。

 

口の中の不衛生

口の中が不衛生であれば、細菌が異常繁殖してしまい舌苔が増える原因になります。これは歯磨きが十分にされていないことからまわりまわって細菌が増えて舌苔が増えるのです。

歯磨き

歯を磨くついでに、歯ブラシを使って舌を磨いて舌苔を取り除こうとする人もいるようですが、これはあまり推奨されません。歯磨き粉にはラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤やアルコールが含まれており、これらで舌苔を過剰に洗い流すと舌粘膜が炎症を起こしてしまったりするからです。

 

免疫の低下

 

免疫力が低下していると口の中の細菌が繁殖してしまい、舌苔が増える原因になります。これは舌に限った話ではありませんが、風邪を引いている時やインフルエンザにかかっている時は全身に不調が見られ、舌の代謝が悪くなります。

 

風邪

 

おそらく、風邪やインフルエンザの原因を取り除くことに体のエネルギーを注力していて、舌のメンテナンスにまで行き届いていないということも原因なのでしょう。

 

 

口の乾燥

口の中が乾燥すると細菌が繁殖して舌苔が増える原因になります。健康な口というのは唾液の分泌が十分にされており、潤いがあります。唾液には食べ物を消化するだけでなく食べかすを洗い流して最近の細菌を防ぐ殺菌作用もありますので、唾液が減少して口が乾燥すれば細菌が増えるというわけですね。これは広い意味で免疫力が低下していると言えるでしょう。
体感としても、緊張している時って唾液が減って口が乾きますよね。そして口臭になってしまうこともあります。あれは正に、唾液の自浄作用がうまく働かなくなって細菌が繁殖してしまった状態なのです。

 

口の中が乾燥してしまう原因というのは様々で、ストレス、更年期障害、暴飲暴食などによる自律神経の乱れや加齢、病気などによる舌の動きの衰えが考えられます。しかし、これらはなかなか意識しづらいものだし、直そうと思ってもすぐに直せないようなものも多いです。
口が乾燥してしまう原因として自身が最も意識しやすいものとしては口呼吸が挙げられます。

口呼吸

 

口呼吸は口臭だけでなく、虫歯、風邪、アレルギー、いびきなどの引き金にもなりますから癖になってしまっている人は直すようにしましょう。

 

食べかすが舌に付着

食べかすが舌苔の原因ということはお伝えしましたが、食べかすが溜まりやすい舌というものがあります。それは舌の動きが悪かったり、舌の位置が悪かったりする場合です。

 

特に、舌を頻繁に動かすことは舌苔がたまりにくくしてくれるだけでなく、唾液腺を刺激して唾液の分泌量が増えるということも期待できます。

 

食事の時によく噛んで食べたりすると舌がよく動き、食べかすがたまりにくくなります。

よく噛む

 

これは一見矛盾しているように思えます。食事の時によく噛んで食べるということは、それだけ長い時間食べ物と舌が接触しているということでもあり、かえって食べかすが溜まるのではないかと考えられるからです。

 

しかし、よく噛んで食べることで食べ物が細かく分解され、唾液によって流されやすくなるので結果として食べかすが溜まりにくくなるのです。また、よく噛んで食べることは唾液の分泌にもつながるのでいいことづくめです。

 

このことから、舌苔が溜まりやすいという人が改善するためには「よく噛んで食べること」が最も良い方法ということが言えるでしょう。唾液が増え、舌がよく動かされ、かつ誰でも今すぐに実践できるという身近さもありますからね。

 

舌ブラシで舌苔を取ることは、そもそも舌苔が出来てしまうというのを解決する根本的な手段ではないのであまり意味が無い行為ですし、物理的刺激によって傷をつけてしまうのでやめておきましょう。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!