あせもというと子供にできるイメージが大きいと思います。

あせも

 

確かにそれはあるのですが、近年では大人でもあせもが出来る人が増えているようで、必ずしも「子供がなるもの」というわけでもなくなってきているようです。おたふくかぜなどもそうですが「大人なのに」なったからといって恥ずかしいものでも決してないのです。

 

こちらでは、あせもになる原因や治し方についてお伝えしていきたいと思います。

sponsored link

あせもの原因とは

そもそもなぜあせもが出来るのか?その原因について考えていきましょう。

 

あせもとは汗疹、呼んで字のごとし汗をかいてできる湿疹というわけですが単に汗をかくとあせもになるというわけではなく、汗をかいて汗管が詰まることが原因になります。

汗管 あせも

 

通常は汗をかくとそれが皮膚の外へと放出されますが、大量に汗をかいたり通気性が悪く汗が溜まりやすい部位に汗をかくとこれが皮膚内に漏出して炎症を起こし、あせもになるのです。汗管が詰まるのは汗をかいた場合だけでなく、ふやけた角質やホコリなどが原因になることもあります。

 

あせもと似た症状に「汗荒れ」というものがありますが、これはあせもとは若干異なります。通常、あせもであれば痒みは伴いませんが汗荒れの場合は汗に含まれる塩分やアンモニアに反応して炎症を起こすというものでかゆみを伴います。

 

子供にあせもが出来やすい理由

さて、あせもは子供に出来やすいと言われておりますが、それはなぜなのでしょうか?

 

体がまだ成長途上の子供と大人では色々と異なることが多いですが、実は汗腺の数自体は子どもと大人では変わりません。それは小学生の子供であっても、さらには赤ちゃんであっても大人とほとんど違いはありません。

 

しかし、子供と大人の体では決定的に違うのが表面積です。当然ですが大人のほうが表面積が大きく、子供のほうが小さいので皮膚の表面積あたりの汗腺の密度は多くなるので、汗によって汗管がつまりあせもが出来やすい原因になります。

 

しかし、大人は大人でまた、体の仕組みが原因なのとは異なりあせもが出来やすい人もいるのです。

 

大人にあせもが出来やすい理由

例えば、大人であれば汗をかいてもすぐには着替えられないことが多いですね。それは職場ではフォーマルな服装が求められたり、作業着が支給されていて私服を着ることが許されなかったり、あるいは仕事が忙しくて着替える暇がないという場合もありますね。そのため、汗をかいてもそのままにしてしまうことがあります。

 

あとは、これは多分学生の方が多いと思いますが就職活動中の人ですね。

 

人事担当の人が「服装は自由でいいですよ」と言っても、真夏にネクタイをしてスーツを着込んでいく人は必ずいます。単なる説明会であってもちゃんとスーツを着ている人すら必ずいますよね。

 

就活

 

社会のしがらみに囚われた、大人ならではのあせもの原因と言えるでしょう。

 

こういうものはちょっとの勇気があれば改善できるんじゃないかと個人的に思いますけどね。

 

「服装自由で良いと言ったから自由にしてきました」

 

それだけで筋は通っていると思います。もしそんなことで評価が変わるような会社だったら、そんなつまらない会社こっちから願い下げじゃないですか?

 

無理して調子合わせてあせもが出来たりと体調を崩すほうが愚かな行為だと思います。

赤ちゃんにあせもが出来やすい理由

よく赤ちゃんは汗っかきだと言われています。確かに汗をかく汗腺の密度は大きいという事実はあります。それは前述のように大人と子供、赤ちゃんであっても汗腺の数自体は殆ど変わらないからです。しかし、汗腺自体の発達が未熟なため、その数の割にそこまで汗をかくというわけでもありません。

赤ちゃん

それでも、赤ちゃんは汗をかいても自分で拭いたりすることが出来ず、また同じ体勢を長時間取ることが多く同じ部位に汗が溜まりやすいという理由からあせもが出来やすいのです。

 

赤ちゃんに出来やすいあせもの部位は頭・額・首・肘・背中・足・お尻・膝の裏側などの汗が溜まりやすく乾きにくい場所です。赤ちゃんの場合はおむつを付けていて蒸れやすいので、おむつに覆われている部分もあせもが出来やすいですね。親御さんが気づいた時に赤ちゃんの汗を拭いたり、同じ体勢を取りつづけて特定の部分に熱がこもらないように工夫してあげる必要があります。

 

あせもの治し方

 

あせもは、とにかく刺激をしないで安静にするのが唯一の治し方と言えます。

 

あせもの症状には3種類のものがあり

  • 水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)
  • 紅色汗疹(こうしょくかんしん)
  • 深在性汗疹(しんざいせいかんしん)

に分けられます。例えば水晶様汗疹はあせもの中でも最も症状が軽いもので、小さな水ぶくれがたくさんできるものの痒みなどがなく自覚症状がないため、気づかない間に治っていることがほとんどです。

 

ここからも分かるように、あせもは基本的に放置してれば勝手に治る類のものなのです。

 

逆に、ヒリヒリしたり赤みがあるからといって余計に触ってしまったり掻いてしまったりするのが最も良くないです。

 

特に、一般的にあせもとして挙げられるのは上記のうち紅色汗疹で、これは赤い小さなブツブツができて、チクチクした痛みがあったり汗をかくとその部分がヒリヒリしたりするので余計な意識が無いてしまいます。

 

よって、余計なことは考えず、あせもが出来てしまった部分にこれ以上の刺激を与えない放置するなどを心がけると良いでしょう。

 

それは蒸れにくく通気性の良い服を着て汗が乾かずにとどまるのを防いだり、こまめに汗を拭いたりシャワーを浴びたりして汗を洗い流したり、といった基本的な方法になります。汗を拭く時はタオルで上から抑えるようにして拭くなど、なるべく擦らないように気をつけましょう。

 

そしてこれらの方法は、あせもが出来ないようにする予防法にも通じるのです。

 

あまりにもヒリヒリが気になるといった場合は薬を塗ることもありです。刺激を与えないという観点から言えば薬を塗ることはあまり好ましいとは言えませんが、余計に掻いてしまったりすることを考えるとそれに比べればマシだからです。

 

当然ですが、あまりにもひどい場合は皮膚科に行くなどして専門家の意見を仰ぎましょう。

 

もしかしたらあせもと汗荒れを混同してしまっている可能性もありますからね。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!