便は自らの健康具合を示すバロメーターです。

便秘

あまりまじまじと自分の便を見るということをする人は多くないかもしれませんが、自分の体の中のものというのを見る機会はあまりないものです。「自分の便を見ている姿」は、通常なら他の人に見られることはないはずですから、ちょっと気をつけて見てみるのもよいかもしれませんよ。

 

多くの人は、自分の便が下痢になった時に「なにか悪いものでも食べたかな?」と気にしだすことがほとんどでしょう。そして下痢のなかでもさらに水分が多い「水下痢」を起こすこともあります。

 

こちらでは、そんな水下痢についてお伝えしたいと思います。

sponsored link

 

下痢の原因とは

まずは、下痢そのものについて考えてみましょうか。大便の理想的な水分比率というのは70%~80%と言われており、これが90%を超えると下痢になります。

 

通常、食べ物を摂取するとそこに含まれる水分というのはほとんどが小腸に吸収されてしまいます。大部分が吸収されてもまだ便と呼べる状態ではなく、これが大腸に移動すると99%以上の水分が吸収され、便を形成します。この際に何らかの原因で水分が残ってしまったものが下痢になるのです。

 

下痢というものはその原因から大きく3つに分けることが出来ます。

 

分泌性下痢

菌やウイルスによって消化管粘膜からの分泌が過剰になることで引き起こされる下痢です。

異物を排除しようとする体の防衛反応で、原因を早く取り除こうと水下痢がよく出ます。

 

浸透圧性下痢

腸内に入った食べ物が水分を引き付けることにより腸内の浸透圧が上がり腸管内の水分が多くなる下痢です。

 

多くの場合、原因となる食べ物によって引き起こされます。乳糖不耐症の人が牛乳を飲んで下痢を起こすのもこの浸透圧性下痢で、摂取をやめると復調に向かいます。

 

運動亢進性下痢

腸の動きが活発になりすぎることが原因で起こる下痢です。

 

ストレス、暴飲暴食、冷えなど様々なことにより腸が活発になりすぎて便が腸を移動する時間が早くなり、腸に水分が吸収される前に便として排出されてしまい下痢になってしまいます。

 

その他にも下痢の原因は様々で、単純に水分を摂り過ぎることで、腸内で吸収できる水分の許容量をオーバーして下痢になるということがあったり、逆に「水分の吸収を妨げる」ものを摂ることで、相対的に水分が多くなってしまって下痢を起こすということもあります。

 

例えば、ラーメンを食べると下痢になってしまうことがよくありますが、これはラーメンに含まれる油分は消化されにくく腸に残りやすいので、これを排出するために下痢になりやすいのです。よって、とんこつラーメンなどのこってり系のラーメンの方が下痢を起こしやすいです。

 

腹痛なしの水下痢の原因は?

 

便に含まれる水分が90%以上のものが下痢ですが、、さらに95%もの水分を含むようになると「シャー」とまるで小便のように出るようになり、これが水下痢です。水下痢の多くは腹痛がないのに下痢を起こしてしまいます。

 

水下痢そのものは過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなどの病気の可能性もあるもので、ただの下痢だと侮ることは出来ないのですが、もし腹痛がないのに水下痢になっているとしたら、逆に言うとこれらの病気の危険性はないということの裏返しにもなっています。

 

痛みというのは体の異常を知らせるサインでもありますから、痛みがなければ危険はないということです。

 

下痢というと、普通は腹痛が伴うものです。それ故に「お腹が痛くないのに下痢」という状況はかえって不安になりますよね。原因がわからないからです。むしろ腹痛があったほうがただの下痢だな、と安心できるくらいじゃないでしょうか。こういった腹痛を伴う下痢というのは、暴飲暴食やお腹の冷えなど、腸へのわかりやすい負担があるもの。

 

腹痛を伴わない水下痢の原因と考えられるのは「ストレス」です。

 

ストレスは万病の元と言われているように、私たちの体の様々な部分に不調をもたらします。特に、ストレスというのは自律神経の働きにも影響があり、過剰なストレスが自律神経の異常をもたらす自律神経失調症を引き起こすとも考えられています。胃腸などの消化器はもろに自律神経の影響を受ける器官ですから、まわりまわって腹痛がない水下痢の原因になると考えられます。

 

水下痢というものは痛みを伴わないので、本人もあまり気に留めません。気が付くと止まらない、ずっと続くという慢性的な下痢になることが多いのも、こういうストレスが原因というのもあるのでしょうね。急性の下痢ならば原因もはっきりしているので、ゲリラ豪雨のように最初は激しいですが引くのもすぐです。

 

ただ、通常の下痢のところでお話した、細菌やウイルスによる急性胃腸炎や食中毒によって起こる分泌性下痢の場合も水下痢になることがあります。

 

水下痢になると大量の水分が排出されて脱水症状を起こしやすくなってしまうということもあります。とはいえ、冷たい飲み物を一気に飲んでしまうことはやめて、温かいお茶などをゆっくり飲むことで脱水症状へのケアも怠らないようにしましょう。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!