昨今では冷房が広く普及しているため、暑い夏でも室内では快適に過ごすことが可能です。

冷房

しかし、よく考えて見れば本来ならば30度を超えるよう暑い空気を無理やり冷やすという自然の摂理に逆らった不自然な行為でもあります。それ故、本来人間の体に備わった機能を蝕み、夏でも冷え性を引き起こしてしまうことがあります。

 

これは冷房病(またはクーラー病)と言われているものですが、何が原因で冷房病になってしまうのでしょうか?また、どのような症状が現れ、どのように対策をしたら良いのかなどをお伝えしたいと思います。

sponsored link

夏の冷え性は急激な寒暖差が原因

なぜ夏になると冷房病(クーラー病)になってしまうのかというと、冷房の効きすぎによって外気温との急激な温度差に体がまいってしまうというのが原因です。具体的な数値で言うと5℃以上あるところを行き来することで、体温を調節する自律神経の機能がうまくいかなくなり、冷房病になりやすいと言われています。

自律神経が体温の調節機能を担っているというのはこちらでもお伝えしました。

 

ここでは、もう少し自律神経について突っ込んで考えてみたいのですが、自律神経には交感神経副交感神経の2種類があります。交感神経は体が活発に活動している際に働く神経で、体温を下げようとする機能を持っています。副交感神経はその逆で、体がリラックスしている際に働く神経で体温を上げようとする機能を持っています。

自律神経

これは血液の流れを調節することで体温を調節しています。具体的には、暑い時には交感神経が体の血管を広げて体の熱を放熱し、寒い時には副交感神経が体の血管を収縮させて体の熱を保持しようとします。

 

 

例えば、暑い外から急に冷房が効きすぎた室内に入る、という場合を考えてみましょう。暑い外にいる時は、血管を広げて体の熱を放熱しようとしていますね。これが急に冷房の効いた室内に入ると、外にいて血管が「放熱モード」になっているのでその急激な気温の変化に体がついていけず、体の熱を必要以上に放出してしまいます。これは正に、冷房という便利な機械が広まったことによる現代病といえますね。自然界では、このように暑さと寒さが同時に存在する事はありえないですからね。

 

急激な寒暖差を感じるのは、何も外から帰ってきた場合だけではありません。冷房がガンガンに効いたオフィスで働いている人を考えてみましょう。仕事をしている時は通常、体が活発に動いているはずなので交感神経が働き、体温を下げようとします。冷房がガンガンに効いているのにもかかわらずです。

 

そして息抜きに休憩しにいったりトイレに立ったりしたとしましょう。特にトイレに関してはオフィスほど冷房がガンガンに効いているということはあまりないはずで、オフィスとの気温の寒暖差が激しくなります。さらに、トイレに行っている時はリラックスして副交感神経が働くため、体温を上げようとします。単純な気温の寒暖差に加えて、交感神経と副交感神経の作用により、さらに体感の温度の差が激しくなるのです。

 

血液の流れだけでなく自律神経は胃腸の働きやホルモン分泌の調整などの機能も担っているので、急激な寒暖差による自律神経の混乱は、これに伴う体調不良というのも引き起こしてしまいます。

 

冷房病の症状とは?

冷房病の症状としては肩こり、頭痛、吐き気、疲労感、神経痛、食欲不振、腰痛、腹痛、不眠症などが主なもので、女性であればこれに加えてホルモンバランスの乱れから生理不順を引き起こすこともあります。これ以外にも様々な症状が考えられます。

嘔吐

前述のように、冷房病の原因となるのは自律神経の混乱によるものなので、これは広い意味で自律神経失調症と言えるでしょう。そもそも自律神経失調症自体の定義が曖昧で、臓器や器官などに異常は見られないが自律神経の失調によって様々な症状が現れることの総称のことを自律神経失調症といいますからね。

 

自律神経が乱れるのは様々な要因があり、主な要因と考えられているのはストレスなのですが、冷房病は急激な寒暖差による混乱が引き起こす自律神経失調症です。よって症状としては自律神経失調症のものに加えて「冷え性」が合わさったものということができます。

 

自律神経失調症の症状は以下のとおりです。

 

自律神経失調症の体の症状

■ 頭・・・・・・ 頭痛、偏頭痛、頭重感、筋緊張性頭痛、脱毛、 頭の痛み方や痛みの度合い、痛む場所などはさまざまですが、側頭部がズキズキと痛かったり後頭部のあたりが締め付けられるような痛みを感じることが多いです。
後頭部や頭全体が重く圧迫感を感じることもあります。
■ 眼・・・・・・ 疲れ目、まぶたのけいれん、ドライアイ、なみだ目、目が開かない
眼精疲労の症状が出たり、目がしょぼしょぼする、まぶたの上が重くなったり鈍い痛みを感じたりします。
まぶたのけいれんは自律神経失調症の代表的な症状です。
ドライアイといって、いつもと変わりない生活をしているのに、目が乾いたり痛みを感じたりします。
■ 耳・・・・・・ 耳鳴り、耳の閉塞感
耳の中で「ざー」というような雑音と感じる耳鳴り音が続いたり、突然聞こえてくることもあります。耳に何かが詰まっているような閉塞感があります。
また、平衡感覚の狂いとしてめまいが挙げられます。
■ のど・・・・・ 異物感、圧迫感、イガイガ感、のどの詰まり特に食事をするときなどに、のどに異物感を感じることがあります。
風邪をひいたときのように、のどの奥がイガイガします。
■ 口・・・・・・ 口の渇き、口の中の痛み、味覚障害、唾液が異常に出る。
口の中が常に乾いていてのどがからからの状態です。水分を摂っても解消されません。
食べ物の味がわからなくなります。また味の種類が違って感じます。
■ 心臓
血管系
循環器系
動悸、胸の圧迫感、めまい、たちくらみ、全身ののぼせ・冷え・ほてり・しびれ、息切れ、呼吸困難、息苦しさ、手足のほてり・冷え・しびれ、体のふらつき、大量の発汗、寒気、高血圧、低血圧、血圧の変動、不整脈、胸の痛み 自律神経失調症になると血液の流れが悪くなるため、室温や気温かに関わらず突然暑くなったり、逆に手足が冷えたりするのが特徴です。
■ 呼吸器・・・ 驚いたり緊張したわけでもない、運動もしていないときに急に呼吸が苦しくなることもあります。
■ 消化器系・・・ 慢性胃炎、神経性胃炎、過敏性腸症候群、下腹部の張り、食欲低下
食欲過食、不振、拒食、食道のつかえ、異物感、吐き気、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる、 胃の不調が起こります。また過敏性腸症候群といって下痢と便秘を繰り返す症状も見られます。
■ 皮膚・・・・ 皮膚の乾燥・かゆみ、多汗、汗が出ない、冷や汗
わけもなく大量の汗が出たり、緊張していないのに冷や汗をかく、逆に暑いのに全然汗をかかないという症状がでます。また緊張していないのに掌や足の裏に汗をかくのも自律神経失調症の特徴です。
■ 泌尿器・・・ 頻尿、尿が出にくい、残尿感がある
水分を摂っていないのに頻繁にトイレに行きたくなったり、逆に尿が出ない、残尿感などの症状があります。
■ 生殖器・・・ インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ
このように男性生殖器、女性生殖器に異常が生じます。
■ 首・肩・背中 首・肩・背中のこりや痛み、張りがある
ただのこりに加え、痛みを感じるほどの張りやこりがしょうじることもあります。
■ 筋肉・関節… 筋肉・関節の痛み、関節のだるさ、力が入らない
運動をしたわけではないのに痛みやだるさがあったり、時には歩けなくなるほどひどく痛むこともあります。
■ 手足・・・・ 手や足の痛み、足のふらつき、大量の汗をかく
自律神経失調症になると血液の流れが悪くなるのでしびれや痛みが発生します。
■ 全身・・・・ 疲れやすい、微熱、倦怠感、疲労感、力が入らない、不眠、大量の発汗や冷や汗、震え
倦怠感や疲労感などは自律神経失調症の症状の中でもっとも多い症状といってよいでしょう。とても疲れやすく、全身に力が入らないこともあります。
眠りが浅くすぐに目が覚めたり、寝付けない、起床時の疲労感などの症状もあります。また、乗り物酔いをしやすくなります。

※出典 自律神経症 net 大辞典 http://www.la-rossa21.net/syoujyou/karadanoshoujyou.html

 

これだけ症状が多いと「これだから冷房病だ」と断言できるようなものはないですね。夏に何か体の調子が悪いなーと思ったら自分の生活を見直してみて、気温の寒暖差に曝されるような要因があったら冷房病と考えたほうが良いかもしれません。一番わかりやすいのは冷え性があるかどうかですね。

 

冷房病の対策は

 

冷房病の原因は、急激な温度差に体がついていけなくなってしまうことですから、その対策は単純に「激しい寒暖差を感じないようにする」ことです。そのために自宅で簡単にできるのは冷房の温度を、外気温と比べて下げ過ぎないことです。よく理想の冷房温度は27度と言われておりますが、これはあくまでも政府や電力会社が決めた「節電」のための目安の温度です。外気温との差が5度以内に抑えられる温度が良いでしょう。もちろん、5度以内でないと絶対にダメということではなくこれもあくまで目安です。熱中症の対策としても冷房は効果的ですから適時適切に判断しましょう。

 

家でなら自分で決めることも出来ますが、オフィスだったり飲食店に入ったりした時は冷房の温度を勝手に変えることはなかなか出来ません。お店ならまだ「冷房の温度をあげてください」と頼むことも可能ですが、オフィスだと立場上なかなか言えないこともありますね。上司が勝手に冷房温度を下げてしまうこともあるでしょうし。

 

ここはやはり、自衛の術として体を温めるアイテムを持参するのが現実的な落とし所ではないでしょうか。カーディガンやジャケットなどの羽織もの、スカーフやマフラーなどの首周りを温めるもの、腹巻きなどは効果的です。これらは、暑くなったらすぐ脱ぐことができるのでその点も便利ですね。

カーディガン

 

もちろん、上司だろうがおかまいなく「冷房の温度を下げないでください!」と遠慮せずに言えるのが一番良いですが、もしそれが出来ないとしたら上司の目の前でカーディガンを羽織ったりジャケットを着たりして無言の圧力をかけることで察してもらいましょう。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!