虫刺されには様々な症状がありますが、往々にして共通しているのは「かゆみが出る」ということです。

掻く

それは、蚊に刺されてもブヨに刺されてもダニに刺されてもノミに刺されても共通していますね。

 

全ての虫刺されのかゆみに共通しているのは、虫が我々の血液を吸う際に注入していく物質に体がアレルギー反応を起こすことでかゆみが発生するということです。かゆみさえ出なければ少しくらいの血液を吸われても全然気にならないんですけどね。。。まあそれも、加齢とともにアレルギー反応も薄まり、虫に刺されても何も発生しなくなるというのですから、かゆみが出るのはまだ体が若い証拠といったところでしょうか。

 

ここでは、虫刺されのかゆみを止めるために効果的な方法をいくつか紹介していきたいと思います。

sponsored link

 

掻くと腫れや痒みが悪化する理由

 

かゆみを止める方法として、真っ先に浮かぶのが「かゆいところを掻く」という至極単純な方法です。

 

かゆいところを掻くと気持ちいいのは虫刺されに限らず、蕁麻疹、水虫などもそうです。そしてそれは何も人間に限らず、犬や猫でもこの行為は見られますが、「痒いところを掻く」というのは異物を排除しようとする本能的な行為なのです。

犬 かく

 

病原体などを媒介するノミやダニなどの虫を掻くことで皮膚から排除せよ、という命令が出て、掻くと脳の「報酬系」部分が強く反応して快感を感じます。これは、例えば空腹を感じた時に食べ物を食べて「美味しい」という快感を報酬にしてどんどん食べさせるというものと全く同じですね。そして満腹になるともう食べたくなくなるように、かゆみは「痛みを感じるところまで」掻くとやめるというメカニズムになっています。

 

しかし多くの場合、痒いところを掻くという本能的行為は、そのかゆみをさらに悪化させてしまうことになります。

 

かゆみというのは肥満細胞というものから分泌されるヒスタミンが原因なのですが、痒いところを掻くと知覚神経を刺激し、さらにヒスタミンの分泌を促してしまうという痒みの悪循環を引き起こしてしまうからです。そして掻くことで物理的に肌を傷つけ、炎症を広げてしまって腫れも増していきます。

 

さらに、虫刺されのかゆみの場合「蚊の唾液に含まれる毒素」へのアレルギー反応でヒスタミンが分泌されて痒みが引き起こされるのですが、掻くことでこの毒素が広がってしまうので余計に痒くなってしまいます。

 

痒くても我慢するという根性である程度は何とかなるかもしれません。しかし、眠っている人を観察すると分かるように、いくら起きている時に我慢していても痒いところを掻くのは本能なので眠っている間につい掻いてしまいます。

 

 

眠っている間は理性が低下しています。夢というのは総じて支離滅裂な内容で、眠っている間はそれを夢だと気づかないのですが、これは前頭葉の働きが鈍っていて理性が低下しているからです。理性が低下して本能がむき出しになっている間は、必要以上に痒いところを掻いてしまうでしょうね。よって、かゆみを我慢するよりも「かゆみを抑える」のが合理的かつ現実的な対処法ということになるでしょう。

 

虫刺されによるかゆみを止める方法

 

患部を冷やす

冷やす

かゆい部分を冷やすことで皮膚を麻痺させて、かゆみに対しての感覚を鈍くさせるという単純かつ原始的な方法です。さらに言うと、冷やすことでかゆみの原因となるヒスタミンの分泌を抑えることも出来るのです。流水を当てることでこの方法はできますから、特別な容易がなくても比較的に簡単に出来る対処法というのも良いですね。氷やアイスノンなどがあればなお良いです。

 

患部を温める

患部を冷やすのとは全く正反対の方法です。

患部を温めると血流が良くなってしまってかゆみを増長するという意見があります。これは冷え性の話にも通じるのですが、体の一部分だけを温めたからといってその部分だけ血流が良くなるということはありません。なぜならば、本来血流というのはむしろ「体で発生した熱を外に放出しようとする」ために動きます。手足などの末端は外気に触れやすく、体内で発生した熱をここから放出しようとするのです。つまり、体の代謝で発生する熱が多いか少ないかの問題ですから、一部分を温めるという行為が血流を良くするということはないのです。

 

それどころか、逆に温めるという行為は血流を低下させます。そのため、虫刺されによるかゆみを抑えることが出来るのです。

 

注意していただきたいのは、「熱いシャワーを当てること」は少し違います。これは、温めるのレベルを超えて「熱で皮膚を傷つける」行為です。痒いところを掻くのと同じで、痛みを与えることで痒さを抑える行為と全く同じといえます。勢いのあるシャワーを当てる行為は、単純な物理的刺激も含まれますからね。

 

ホホバオイルを塗る

 

実は、ラベンダーなどに代表されるエッセンシャルオイルを塗ると虫刺されに効果があります。ただ、エッセンシャルオイルといっても様々な種類のものがあり、例に挙げたラベンダーのオイルは逆に炎症を起こすこともあります。

 

そこで最もお勧めなオイルはホホバオイルというものです。

ホホバオイル

ホホバオイルは人間の皮脂の成分にかなり近く、地球上のオイルで唯一人工心臓に使われているくらい安全性が高い上に殺菌作用もあり黄色ブドウ球菌、カンジダ菌などの悪い菌の繁殖を防いでくれます。アトピーの治療にも使われています。

 

市販の抗ヒスタミン薬を塗るのもかゆみをなくすのには良いのですが、ステロイドが含まれている薬もあり、赤ちゃんや子供の肌に合わないことも考えられます。その点、ホホバオイルであれば赤ちゃんや子供にも使えるので安心です。

 

オイルを塗ると、皮膚の摩擦が減り多少刺激を与えても皮膚が傷つかなくなります。マッサージにオイルが使われるのは摩擦を減らすことで皮膚を傷つけるのを防ぐためですね。

 

弱くても、刺激を与えることでかゆみは多少抑えられます。あまり強すぎる刺激を与えるとかゆみの悪循環に陥ってしまいますがオイルの上から触るくらいならば許容範囲でしょう。オイルを塗るというのはそんな効果もあるのですね。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!