熱中症の予防として重要なのは
水分補給と塩分補給です。

熱中症

 

これらが熱中症の予防に大事
なのは言わずもがなですが、
普段の生活というのも重要に
なってきます。

 

具体的に言うと、食事です。

 

普段の食事による栄養で
丈夫な体を作ることで、多少
水分や塩分が不足しても熱中症
になりにくい、できれば熱中症とは
無縁の体を作っておきたいものです。

 

ここでは、熱中症の予防をするには
どのような食べ物を食べたらいいのか
ということを考えていきましょう。

sponsored link

カリウム、クエン酸ビタミンB1、アリシン

 

の栄養素を意識的に食べ物で摂取
しておくと熱中症の予防対策になります。

 

なぜこれらが熱中症に良いのか
個別に見ていきましょう。

 

カリウム

カリウムが不足すると、脳や体のエネルギー源
であるブドウ糖を細胞内に取り込めなくなったり
細胞内が脱水症状を起こしてしまいます。

 

発汗や塩分の排泄のためにカリウムが
減るので、予め食べ物によって蓄えて
置きたいところですね。

 

特に、カリウムというのは水に溶ける性質が
あるので非常に体外へと排出されやすいのです。

 

それだけに、こまめにとっておきたい栄養素
と言えるでしょう。

 

カリウムは野菜類、海藻類、魚介類、果物類、豆類など
に多く含まれ、パセリ、にんにく、枝豆、ほうれん草、かぼちゃ、
まこんぶ、いわのり、ひじき、のり、にぼし、するめ、くさや、
ほしえび、干しぶどう、干し柿、バナナ、ピスタチオ、落花生
などで摂取できます。

 

クエン酸

クエン酸は疲労回復に効果があります。

 

暑さにより寝苦しい夜が続けば
慢性的な寝不足を引き起こし
十分な疲労回復が出来ません。

 

単純に疲れが取れない体というのは
それだけで熱中症のリスクを高めますから
クエン酸の摂取をして疲労回復を図りたい
ところです。

 

クエン酸は酸味の成分なので、クエン酸を
多く含む食べ物は酸っぱいものは多いです。

クエン酸を多く含むのは主に果実で
レモン、グレープフルーツ、いちご、パイナップル
キウイ、梅干し、お酢、ローズヒップ、ハイビスカス、
アセロラなどです。

 

目安としては柑橘類なら1個、
いちごなど小粒なものなら5~6粒
梅干しなら2~3個ほど食べると
良いみたいです。

 

ビタミンB1

 

ビタミンB1は体内の糖質の代謝を促します。

 

夏にかぎらず、日本人はお米を主食にしています。

 

お米、つまりデンプン、糖質ですね。

 

お米だけでなくアイスクリームなどの甘いもの
を摂取すればその代謝にビタミンB1が使用
されることになるので、消費量が大きくなります。

 

また、ビタミンB1は筋肉疲労時にたまる乳酸
を燃焼させる働きもあります。

 

ビタミンB1が不足すれば乳酸がたまって
疲れやすくなり、熱中症のリスクが
高まるのです。

 

ビタミンB1を含む食べ物は
豚肉、大豆、味噌、昆布、きなこ、うなぎ、たらこ、のり、
モロヘイヤ、玄米などになります。

 

特に豚肉はビタミンB1が多く含まれ、中でも
豚ヒレ肉が最も良いみたいです。

 

 

アリシン

 

アリシンはビタミンB1の吸収を助けるので
セットで摂取したいところです。

 

また、アリシン自体にも抗菌作用、食欲促進、
疲労回復など様々な効果がありますから
積極的に摂取したいところです。

 

アリシンは玉ねぎ、ニンニク、ニラ、ネギ、らっきょう
などに含まれます。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!