夏は熱中症になりやすい季節です。

 

特に子供は大人よりも体温が高く
なっているのが普通です。

 

子供は大人に比べて皮膚が薄く
体重の割に体表面積が大きい
ことから、熱を取り込みやすい
体になっているのですね。

 

また、子供は大人よりも身長が低いため
アスファルトなどからの反射熱を大人よりも
受けやすいというのもあります。

 

このことから、年齢が低くなるほど
体温が高く、赤ちゃんがもっとも
高くなるようです。

 

大人よりも外で遊んだり部活などで
外に出る機会が多い子供は熱中症に
なりやすいと言えるでしょう。

 

ですが、子供はなかなか自分の体調
に関して疎く、自覚症状がないものです。

 

また、年齢によっては親に
「体調悪い?」と聞かれると

「良いから放っといて!」

と意固地になる子供もいるでしょう。

 

大人がよく観察してあげて、こんな症状が
出たら熱中症かも?ということを把握して
置いたほうが良いでしょう。

 

熱中症は4種類に大別することが出来ます。

 

熱射病・熱痙攣・熱失神・熱疲労

です。

 

それぞれの特徴や症状などを見ていきましょう。

 

熱射病

 

体の熱をうまく放出できずに体温が上昇するため
中枢機能に異常をきたした状態です。
ファンが止まって熱がこもったパソコン
のような感じですね。

 

熱中症の中でも最も危険な症状と言えるでしょう。

 

自分の体温以上の場所に長くいることで
汗による体温調整がが追いつかなくなります。

 

なので、大量に汗をかいていると
体温調節が追いついていない場合がある
ので熱射病を疑ったほうが良いでしょう。

 

汗を出し尽くすと、やがて汗をかかなくなり
さらに体温が上昇するという危険もあります。

 

症状としては

  • 反応が鈍い
  • 意識障害
  • 異常な発熱がある

といった具合です。

 

危険な状態ではありますが、
子供本人からしても発熱により
何か異変が起きていることが自覚
出来るという状態でもあります。

 

対処法としては、体温を下げることが
何よりも重要なので木陰などの涼しい所
にいったり、首や足の付根など大きな
動脈があるところを冷やして体温を
下げると良いでしょう。

 

熱痙攣

大量に汗をかくことで体内の塩分が
不足している状態です。

 

いわゆる低ナトリウム症ですね。

 

やはり、大量に汗をかくと水分だけでなく
塩分も失ってしまいます。

 

  • 手足が震える
  • 体が硬直する
  • 呼吸が荒くなる
  • 筋肉痛
  • 手足が震える

といった症状が出てきます。

 

熱が上がらないので、一見熱中症とは
無関係なようにも思えますね。

 

熱中症の中でも最も症状が
軽い状態と言えます。

 

ただ、それだけに
「熱中症ではなさそうなのに子供の体調が悪そう」
と、原因がわからず不安になることが多いでしょう。

 

対処法としてはスポーツドリンクもしくは
食塩(0.1%~0.2%)を溶かした水を
飲ませてあげると良いでしょう。

 

痙攣を起こした部位の筋肉を
伸ばしたり、マッサージすることも
効果があります。

 

熱失神

体温を放出するために血管が膨張し
脳に血流が回らなくなっている状態です。

 

体内に熱がこもるとその熱を放出するために
皮膚血管が膨張し、外気に触れやすくなる
ようにします。

 

そうすると全体に流れる血液の循環スピード
が遅くなり、脳への血液の供給量が減る
というわけです。

 

特に、スポーツ後に発症しやすいと言われています。

 

運動の最中は筋肉自体がポンプの役割を
果たして血液を全身に送り込んでいたのが
運動をやめることでそれがなくなるからです。

 

  • 失神
  • 唇のしびれ
  • 顔面蒼白
  • 目眩・立ちくらみ

 

などの症状が現れます。

一見、熱中症とはわかりにくいですが
明らかに体調が悪そうなので
素人目にもわかると思います。

 

対処法としては涼しい木陰や室内に移動し
下肢を挙上させることで血液循環を
促したり、四肢を末梢から身体の中心部に
向かって揉んだりするのも良いでしょう。

 

熱疲労

体内の水分やナトリウムが不足して
いる状態です。

 

ナトリウム不足で引き起こされる熱痙攣
よりもさらに症状が悪化しています。

 

水分、ナトリウム共に不足し全体の血液量
が不足している状態で、

  • 脱力、倦怠感、疲労感
  • 吐き気、嘔吐
  • 口渇
  • 目眩、立ちくらみ
  • 頭痛
  • 興奮
  • 筋肉痛
  • 昏睡、失神や意識消失

 

などの複数の症状が同時に現れます。

 

放置しておくと、最も重い熱射病へと
移行してしまう危険があります。

 

対処法としては、涼しい場所に移動し
こまめに水分を補給すると良いでしょう。

 

夜も熱中症に注意

 

熱中症というと通常、太陽の照りつける
昼間に起きるものとイメージしがちですが
最近では夜に熱中症になってしまう
ケースも増えているようです。

 

それは、ヒートアイランド現象や
熱帯夜そのものが増えていることに
伴い、寝室に西日が入りやすかったり
寝室が最上階にあって熱を溜め込み
やすいなどの条件が重なったりする
の起きやすいのだとか。

 

ましてや、前述のように子供は体温が
高くなりやすいですから夜間の熱中症
には気をつけたいですね。

 

前述のような熱中症の4つの症状から
見るならば、やはり熱の放出がうまく
いかず体温が上がってしまったり、
汗を大量にかくことで水分や塩分
が不足することで夜の熱中症は
起きやすいでしょう。

 

となるとポイントは

  1. 体温を上げ過ぎないようにすること
  2. 汗をかきすぎないようにすること

の2つです。

 

やはり、クーラーの使用は熱中症対策に
効果的です。

 

とはいえ、冷やし過ぎは禁物です。

 

室内温度が30度を超えるようならば
27度くらいの設定にしてクーラーを
つけましょう。

 

消費電力の観点から言えば、クーラーは
タイマーで自動で切れるようにするよりは
むしろつけっぱなしのほうが得なくらい
だそうですが、扇風機なんかでもいいですよ。

 

昔は「扇風機をつけっぱなしにすると死ぬ」

 

なんてことが言われていました。

 

これは、寝ていると体温が下がっている
のでそこに扇風機を当てると低体温症
になって死ぬ、という理屈らしいですが
湿度の高い日本の夏ではまずそんなことは
ありません。

 

私には「風邪をひくといろいろこじらせて最悪死ぬ」
のような極論・暴論に思えるのですがね。

 

扇風機自体の消費電力はクーラーの
1/10以下とかなりお得らしいです。

 

また、扇風機の風を当てることで
うっとうしい蚊を寄せ付けずに済む
という嬉しい副次的効果も期待できます。

 

少し話がそれましたが、クーラーまたは
扇風機で体温を下げ、汗をかかないように
することは夜の熱中症対策として
効果的ですね。

 

また、子供には寝る前にコップ1杯
ほどの水を飲ませてあげると良いでしょう。

 

大人より体が小さく、水分の絶対量も
少ない子供が汗をかいて水分が
少なくなれば熱中症になるリスクは
高くなります。

 

やはり基本的なことですが
寝る前の水分補給は欠かさない
ようにしましょうね。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!