アルコールを摂取した後にラーメンを食べたくなる人
は多いようですね。

 

飲んで食って、またさらにラーメンを食べるなんて
太ってしまう、と思いつつもついつい食べちゃう人
多いんじゃないでしょうか?

 

実は、アルコールを飲んだ後にラーメンを食べたくなるのは
二日酔いを解消しようと体が欲しているものなんだとか・・・

 

まず、アルコールを摂取するとそれを分解しようと
肝臓が働きます。

 

そのエネルギー源として糖が必要になってきます。

 

アルコール分解によって糖が不足し、
体が炭水化物を欲するというわけです。

 

また、肝臓は普段は糖分の貯蔵や供給などをしているのですが
アルコールを摂取するとアルコールの分解を再優先するため
この糖に関しての働きが後回しになってしまいます。

 

こういった肝臓の挙動も、体の糖不足に一役買っているようです。

 

このため、空腹というわけでもないのに
何食べたくなるというわけです(特に炭水化物)。

 

また、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒド、酢酸
によって体内は酸性に傾くのですがこれを和らげようと
アルカリ性のものを体が欲します。

 

ラーメンに含まれるかんすいがアルカリ性ということもあって
自然とラーメンを食べたくなるというわけなのです。

 

さらに言えば、アルコールを摂取すると利尿作用が働き
トイレが近くなり、水分、ナトリウム、カリウムなどのミネラルも
不足します。

 

このような様々な要因によって体がラーメンを
欲するというわけなんですね。

 

実際ラーメンには上記のような状態を解消できますし
肝機能を回復してくれる栄養もあるし、ラーメンに
含まれる脂肪分がアルコールの吸収速度を和らげる効果も期待できます。

 

そのため、山盛りで有名な「ラーメン二郎」
のラーメンを食べて二日酔いを解消させよう、なんて
人もいるみたいですよ。

 

二日酔いにこれはきつそうですが。。。。

 

二日酔いが解消できても太ってしまいそうですけどね。

 

ただ、イギリスの二日酔いの民間療法にも
ベーコンエッグとトーストを食べる、というものが存在しており
これもラーメンを食べるのと似たようなものです。

 

また、二日酔いで吐き気がすごい時に、しっかり
噛まないといけないものよりものどごしの良い
ラーメンを食べたくなる、というのもあるようです。

 

まあ、二日酔いで吐き気がすごいのに
「二日酔いをラーメンが解消するから」と無理して
食べるのは本末転倒なのでやめましょう。

 

ラーメンを食べたくなるのが体からのサインであるのと
同様に、吐き気がして何も食べたくない、というのも
体が発しているサインなのですから、それに耳を
傾けることです。

 

二日酔いを即効で解消する方法?症状別の対処法とは



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!