新年会、歓送迎会、花見、忘年会など
節目で何かとお酒の量が増えると
翌日の「二日酔い」が気になりますよね。

 

翌日が休みならまだしも、飲んで次の日に
用事があったり仕事があったりすると
なんとしても和らげたいところです。

 

こちらでは、二日酔いとなる原因や
症状別の対処法などを考えていきたいと思います。

 

 

二日酔いを即効で解消出来る方法はあるのか?

まず、ずばり「二日酔いを即効で解消できる方法」
なんてものはありません。

 

というのも、そもそも二日酔いの原因に様々なものが
考えられていて、これ!と断定できるものがないのです。

 

まず、二日酔いがどういう仕組みで起こるのか
唱えられている説をいくつか紹介していきます。

 

二日酔いの原因とは

①アセトアルデヒド

長らく、二日酔いの原因とされてきたのがアセトアルデヒド。

 

アセトアルデヒドはアルコール(エタノール)が肝臓で
分解される過程で生成される毒性の強い物質です。

アセトアルデヒドが血中に多く存在すると
ドキドキしたり、吐き気をもよおしたり、皮膚が
赤くなったりといった症状が現れます。

これらの症状は、二日酔いというよりは
お酒を飲んで少し経ってから現れることが多いですね。

 

実際、アセトアルデヒドは分解が早く、お酒を飲んだ翌日には
もうほとんど分解されるため、二日酔いの人の血液から
アセトアルデヒドが検出されることは少ないそうです。

 

アセトアルデヒドが二日酔いに影響を及ぼすのは
肝臓がアルコールやアルデヒドの分解を再優先するため
他の栄養素の代謝が遅れることからではないかと
言われております。

 

あくまで、数ある原因の一つというわけですね。

 

②体内の水分不足

アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。

 

これは、アルコールが抗利尿ホルモン(バソプレシン)の
分泌を抑制し、普段よりも尿を大量に放出してしまうためです。

 

お酒も水分が多いのでプラスマイナス0,というわけには
いかず、飲んだ量以上に放出してしまい、脱水症状を
起こしやすくします。

 

御存知の通り、私達の体というのはほとんどが水分で
できていますから、アルコールによる脱水症状は
頭痛・吐き気・だるさ・食欲不振などの一過性の二日酔い
だけでなく痛風・血栓・動脈硬化などの病気のリスクも高めます。

 

③低血糖症

アルコールを摂取するとその分解を優先してしまう
というのは先に述べました。

 

その際に引き起こされるのが、糖分の供給が不足する
ことによる低血糖症です。

 

通常、私たちは体内の糖のほとんどを肝臓に貯蔵しております。

 

そこから筋肉や脳などに供給しているのですが
そもそも肝臓が貯蔵できる糖の量はそれほど多くなく、
8時間程度で空になってしまいます。

 

そうすると今度は乳酸などの糖以外の物質から
新たに糖を作ろうとしますが、肝臓がアルコールの分解
に手一杯だとそれも出来ず、結果として低血糖症を
引き起こしてしまいます。

 

糖は脳のエネルギー源ということで非常に重要ですが
これが不足すれば体に様々な問題が生じ
二日酔いは頭痛、だるさ、筋肉痛などの症状として
現れてきます。

 

 

その他、胃酸過多や酸素不足なども二日酔いの原因と
考えられております。

 

症状別の対処法

基本的には二日酔いになる前、もっと言えば
お酒を飲む前から二日酔いに気をつけていきたい
ところですが、ここでは「なってしまった後」の
対処法について考えていきます。

頭痛がする場合

 

アルコールには血管拡張作用があります。

 

血管が広がる、と聞くと血管の詰まりが取れそうで
逆に体に良さそうな気もしますが、血管が広がった状態が
長く続くと血管が炎症を起こし、ズキズキとした頭痛へと
変わっていきます。

 

こういった頭痛の場合は、単純に広がってしまった
血管を収縮させてやれば良いのです。

 

最も簡単な対処法はコーヒーを飲むことです。

 

コーヒーのカフェインには血管を縮小させる
効果があるので、広がった血管を戻しましょう。

 

ただ、逆に収縮しすぎても頭痛が出るので
注意が必要です。

 

吐気がする場合

 

吐気がするときは、脱水症状や低血糖症が考えられます。

 

その場合は、スポーツドリンクを飲むと良いでしょう。
水分と糖分の不足を同時に補うことが出来ます。

 

普通の水よりはやはりスポーツドリンクのほうが良いです。

 

排尿で失われたナトリウムやカリウムなどの
補給にもなりますし、真水よりも人体に浸透圧が近く
吸収されやすいというのもあります。

 



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!