「二日酔いの解消にコーラが良い」という
面白そうな話を聞きました。

 

本当なのでしょうか?

 

コーラは元々二日酔いの薬だった

そもそものコカ・コーラのルーツですが、
1886年、アメリカジョージア州アトランタで
薬剤師のジョン・S・ペンバートンが新しい飲み物を
開発したのが始まりです。

 

当時は、コカの葉とコラの実が原料になっており
そこから「コカ・コーラ」という名前がつけられました。
意外と安直な名前ですね。

 

コカの葉はみなさんご存知、あれの原料ですね。
当時は違法ではなかったので普通に使われており
頭痛に効くと思われておりました。

 

コラの実はガーナの原住民が古くから
強壮薬として使用しており、二日酔い解消に効いたり
興奮剤として用いていたそうな。

 

そして、コカ・コーラ誕生の数年後の1890年には
「二日酔い解消の薬」として販売されていたそうです!

 

ただ、当時はコカの葉とコラの実が使われていたので
二日酔い、頭痛、悪心などに効果を発揮したようですが
今ではこれらはコーラには使われておりません。

 

そもそも、コーラ自体どのようにして作られているのか
未だにトップシークレットです。

 

コカ・コーラのレシピ自体が企業秘密で
100年近く銀行の金庫に保管されていたほど
厳重に保存されてきましたしね。

 

なので、本当にコーラが二日酔いに効くのか
というのは正確なデータが取れず
なんとも言えないところはあります。

 

コーラのカフェインが二日酔いに効く?

もしコーラが二日酔い解消に効果があるとしたら、
一つ考えられるのはコーラに含まれている
カフェインです。

 

 

アルコールや、アルコールから生じるアセトアルデヒド
には血管を拡張する作用があります。

 

血管が広がった状態が長時間続くと
血管内部に炎症を起こしてしまい、
ズキズキとした頭痛へとつながります。

 

それを解消させるのに、血管縮小作用のある
カフェインが適当です。

 

なので、コーラに限らずコーヒーとかでも
効果はあるはずですね。

 

コーラの水分と糖分が効く?

あるいは、アルコールによる脱水症状や
低血糖症での二日酔いの場合はコーラの
水分、糖分が効果があるのかもしれません。

 

ただ、これについてはスポーツドリンクのほうが
アルコールを摂取することで尿として排出してしまった
ナトリウムやカリウムも補給できるので好ましいです。

 

いずれも、「コーラならではの」効果とは言えないですね。

 

ただ、効果がなくても「そう思い込むこと」で
本当に体に効いてしまう、ということもあります。
(プラセボ効果)

 

以前、テレビ番組でお医者さんが
「コーラは二日酔いに効く」
と発言したこともあるようで、それも
このプラセボ効果を助長しているかもしれませんね。

 

二日酔いの仕組みと症状別の対処法は



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!