突然の下腹部の痛みは怖いですね。

 

一過性のただの腹痛ということもあれば、
大腸がんなどの重病も下腹部の痛みから始まります。

 

ただの腹痛と侮るなかれ。
例えば風邪なら「風邪が原因」とわかりますが
下腹部の痛みって自分では原因が何なのか
分からないので、その分すごく気をつけなければいけません。

 

下腹部と一言で言い表せますが、
その中には腸、膀胱、尿管など重要な器官が
詰まっておりますので重要度も高いわけです。

 

実は、男性と女性で若干、下腹部の痛みの原因が
違います。

 

また、下腹部のどこが痛むのかによっても
発症している可能性のある病気に違いが有ります。

 

こちらでは、男性に下腹部の痛みがある場合に
どのような病気が考えられるのか?
何科に行けばいいのか?などを調べてみました。

 

下腹部の右が痛む場合

虫垂炎(盲腸)

虫垂炎、いわゆる盲腸の場合は右側が痛む事が多いようです。

 

へそから右腰の骨の出っ張りにかけて
右下から3分の1のところを押すと痛みを覚えるようです。

 

ただ、盲腸の痛みは移動することもあるようで、その場合は
みぞおち辺りから痛みが始まって最終的に右のあたりに
落ち着くそうです。

 

右側が傷んだり、痛みが移動して最終的に右側が痛む
というような場合は盲腸を疑ってもいいかもしれません。

 

まあ、盲腸の痛みは我慢出来る
程度のものではないと思いますから
(我慢できるのはスラムダンクの
山王・一ノ倉くらいじゃないでしょうか)
すぐに病院に行きましょう。

 

虫垂炎の場合、消火器の異常なので
消化器内科に行くと良いでしょう。

 

下腹部の左が痛む場合

 

下腹部の左が痛む場合は、総じて
重い病気なことが多いようです。

 

急性腸炎、慢性腸炎、食中毒、潰瘍性大腸炎、大腸がんなど。。。

 

字面だけでもやばそうな病気がつらつらとありますが
なんと大腸がんまでありますからね。

 

これらも消化器内科に行くと良いでしょう。

 

下腹部全体が痛む場合

尿路結石

尿路結石は男性に多く見られる病気で
尿中のシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウム
が結晶化して文字通り「石」を作り、尿管を
詰まらせてしまうというものです。

 

尿路結石は、多くの場合下腹部の激痛だけでなく
血尿を伴います。

 

なぜ男性に多いのかというと、男性の尿管は細くて長い構造
になっているのですが、女性の尿管は短く、伸縮性に富む
構造になっているのです。

 

なので、女性は尿管が詰まりにくく、男性のほうが
詰まりやすいというわけなのです。

 

逆に、膀胱への細菌の侵入がしやすいのは女性のほうなので
男性より女性のほうが膀胱炎になりやすいという特徴があります。

 

尿路結石の場合は、下腹部全体が痛むことが多いようです。

 

尿路結石は泌尿科で診てもらうと良いでしょう。

 

 

これまで挙げたのは男女共通の病気になりますが
男性限定の病気というのも有ります。

 

男性特有の病気

前立腺炎・前立腺肥大症

前立腺は男性にしかない生殖器なので
男性の下腹部の痛みでは前立腺に関する病気も
考えられます。

 

前立腺肥大症や前立腺炎がそれに当たります。

 

前立腺肥大症は50代以上の男性に多く見られますが
前立腺炎は逆に20代などの若い男性に多く見られます。

 

前立腺肥大症は尿が出にくいとか残尿感があるなどの
症状が主で、命には別状はないものの
放置しておけば腎障害などの重い病気を
引き起こしかねませんから、健康状態を特に
気にしないといけない壮年期の男性は特に
気をつけたいですね。

 

前立腺炎は精通時に痛みを伴ったり、人によっては
機能不全を引き起こすこともあるので若い男子にとっては
痛い病気ですね。

 

こちらは泌尿科になりますね。

 

前立腺がん

 

前立腺がんの症状は、前立腺肥大症の
尿が出にくいとか残尿感などの症状と
似ており、混同してしまいがちなので
腹痛に伴ってこのような症状が出る場合は
早期に検査したほうが良いでしょう。

 

こちらも泌尿科になります。

 

終わりに

ざっとですが、男性に下腹部の痛みが発生した
時の病気について御伝えして来ました。

 

何科に行ったら良いのかわからない!という場合は
とにかく内科に行きましょう。

 

そこでの診察結果によっては別の科を
案内されると思いますが、内科はそういった
患者さんの扱いにも慣れているはずです。
(交番ではなく、市役所や区役所に
道案内をしてほしい人が来るようなものです)

 

出来れば、色々な科がある総合病院のほうが
良いですね。町医者だと重い病気だった場合に
軽い病気と勘違いされてしまう場合もありますから。

 

ただ、2016年の4月から大型総合病院の
初診は負担が増えるようなので注意が必要です。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!