ウィンタースポーツのシーズンになってくると
ゲレンデでの「雪焼け」が気になるところですね。

 

一般的には、紫外線は冬より夏のほうが強いという
認識があると思いますが、冬のゲレンデの紫外線を
侮るなかれ。

 

冬のゲレンデの紫外線はむしろ、夏の紫外線よりも
ずっと強力なので特に注意が必要です。

 

 

ゲレンデの紫外線は真夏のビーチよりも危険!

まず、日光には直射光散乱光の2種類があります。

 

直射光は名前からも分かるように
太陽から直接届く光で、
散乱光は空気中の水分やチリ、あるいは空気自体に
ぶつかって進行方向を曲げられた光のことです。

 

光は波長が短いほど散乱しやすいという性質があり
可視光より波長の短い紫外線は比較的散乱しやすい
光と言えます。

 

しかし、スキー場などの標高が高いところでは
空気が薄く、澄んでいるので散乱光が
発生しにくいのです。

 

そうすると、普段よりも直射光として紫外線をたっぷり浴びて
しまうというわけですね。

 

また、真っ白な雪は光の反射率が
なんと80%以上もあるそうなのです。
(他には、砂浜10~25%、水面・海面10~20%、草・土10%以下)

 

つまり、冬のゲレンデでは普段よりも多くの紫外線を
直射光として浴びるだけでなく、さらには真っ白な
雪によって全方位からの反射光を浴びてしまうというわけです。

 

これらはなんと、真夏のビーチで浴びる紫外線の
2倍以上もの量になるそうですよ。

 

 

「冬だから紫外線が多くない」
という何となくの先入観で紫外線ケアを
怠ることは非常に危険ですね。

 

冬の乾燥は肌バリアを普段よりも脆くしますから
その点も踏まえると夏よりもよほど危険な状態
と言えるでしょう。

 

では、なるべく紫外線を浴びずに雪焼けを
防ぐ具体的な対策を考えていきましょう。

 

ゴーグル・サングラスをする

まず一番に気をつけたいのが目のケアですね。

 

肌が雪焼けしてしまうのは、まだ
見た目がちょっと悪くなるとか顔がヒリヒリする
くらいで済みますけど、目のケアを怠ると
角膜に炎症を起こしたりして、白内障を引き起こしたりと
深刻な事態になりかねません。

 

まあ、ゴーグルもサングラスもしないでゲレンデにいると
眩しいし、風が目にしみるでしょうから付けない人は
あまりいないとは思いますが。

 

転んだ時に目を守ってくれるということもありますから
出来ればゴーグルをつけたほうが良いです。

 

顔の露出部分を隠す

 

基本的なことですが、顔の露出を減らせば
それだけ日光を浴びる量も減ります。

 

日焼け止めを塗るのが面倒、という人もいると
思うのでそういう方にはおすすめです。

 

フェイスカバーというものも売られているので
つけてみると良いでしょう。

フェイスカバー

 

ちょっとルックス的に嫌だって人もいるかもしれないですね。

 

まるで工場のアルバイトか養蜂場の人を
連想させるような格好ですし。

 

ナンパが鬱陶しいという女性にはむしろ
これつけたほうが減るので良いかもしれないですね。

 

逆に、「ダサすぎてこれじゃナンパできないよ」
という男子はナンパするときだけ外してください。

 

日焼け止めを塗るのはあまりおすすめしません

一般的に、雪焼け対策としてまず考えられるのが
「日焼け止めを塗る」というものですが、これは
当サイトでは推奨しません。

 

理由は、日焼け止めは確かに効果があるものの
「日焼け止め」そのものに、チタンや亜鉛など
あまり肌に良くない成分が結構含まれているからです。

 

結局は、日焼け止めの被害の大きさと
日焼け止めの悪い成分を天秤にかける
という話なのですが、必ずしも最善とはいえない
ものを推奨するのが何となく気持ち悪いんですよね。

 

そもそも、スキンケアにおいては
「肌に有効なものをつけること」
ではなく
「肌に悪い成分をつけないこと」
のほうが重要です。

 

肌が綺麗な人が言う

「化粧水も美容液もなにもつけていない」

というのは、誇張でも嘘でもなく
実は真実なのです。

 

実際、美容に色々と勤しんでいる女性よりも
スキンケアに疎い男性の方が
なぜか肌が綺麗だったりすることってありますよね?

 

それらを踏まえて顔に何かを塗るとしたら、
日焼け止めではなく私自身も愛用している
「ホホバオイル」をお勧めします。

ホホバオイル

 

ホホバオイルは、皮脂に非常に近い成分なので
安心してつけられるし、非常に酸化しにくいオイルです。
(370℃以上の高温で4日間熱し続けても品質の変化が ないという
データ有)

 

そして、紫外線を防ぐ役割もあります。

 

ただ、ホホバオイルの紫外線を防ぐ機能は
「ある程度」なので、過度な期待は禁物です。

 

ホホバオイルを購入するならこちら

やはり最善の策は肌を隠して光を浴びないこと。

 

ただ、医療機関でやけどの治療に使われたりも
しておりますので、雪焼けができてしまってからの
ケアに使うことも出来ると思いますよ。

 

 

終わりに

以上が、雪焼けを防ぐための方法になります。

 

あとは、歌舞伎役者みたいに「顔に白粉を塗る」
なんて方法も良いかもしれないですね。
白は光を反射してくれますから。
試したことはないですが。

 

まあ、絶対、確実に雪焼けしない方法はたったひとつ
「ゲレンデに行かないこと」なんですけどね!



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!