通常、花粉症というと主に鼻水・鼻づまりや目の痒み
などの症状が思いつきますね。

 

花粉症から派生して咳が出たりすることもある
というのは以前紹介しましたが、なんと頭痛にまで
発展するケースが有るのです。

頭痛

 

微熱が出ることもあるようですから、こうなると
もう花粉症ってほとんど風邪と変わらない症状
になっていますね。

 

では、一見何の関係なさそうな花粉症と頭痛に
どんな関連性があるというのでしょうか?

 

花粉症で頭痛を引き起こす原因とは

まず、花粉を吸い込むことでそれが直接頭痛を
引き起こすということはありません。

 

花粉症に伴う頭痛というのは、多くの場合
まず花粉症の代表的な症状である
鼻水や鼻づまりから来ていることが考えられます。

鼻水

鼻水が大量に出たり、鼻づまりを起こすことで
空気を取り込む気道が物理的に狭くなります。

 

そうすると酸素を取り込む量が不足し、慢性的な
酸欠を引き起こしてしまいます。

 

脳が酸欠状態になることで、頭痛に限らず
肩こりやめまいなども引き起こすことが考えられます。

 

あるいは、鼻づまりが長引くことで蓄膿症を
引き起こしている可能性もあります。

 

なので、花粉症による頭痛というのは
結局、鼻水鼻づまりから来ているのではないかと
いうことが言えるわけですね。

 

頭痛というのは本人にとっても自覚のしやすい
症状ですから、「花粉症で頭痛だけする」という
錯覚を起こしているのかもしれません。

 

実際、「花粉症で頭痛がする」ということで
検索をしている方は結構いらっしゃいます。

 

花粉症で頭痛がする、というのは考えにくく
もし頭痛がするとしたら花粉症とは違う別の病気を疑うか
プラシーボ効果(思い込みが実際にそうなる)を
考えてみてはいかがでしょう。

 

さて、花粉症による頭痛の原因が鼻づまり
ということがわかったところで、これの直し方も
紹介していきましょう。

 

ただ、頭痛に対してすぐに効果を発揮する方法
というのはありません。

 

そもそもの原因である鼻づまりを治すことから
考えなくてはいけないので、少々遠回りに
なるかもしれません。

 

鼻を温める

 

これは、以前花粉症による咳の治療の時にも
紹介した方法ですが、鼻づまりを治すにはやはり
効果的です。

 

具体的にどうするかというと
・温かいタオルを鼻につける
・湯気を鼻から吸い込む

でしたね。温かいタオルは濡らしたタオルを
レンジでチンすることで簡単に作れますし
湯気を吸い込むのはお風呂でもできますし
湯のみやカップにお湯を注いでもできます。

 

鼻づまりを治す5ステップの方法

ステップ1:深く息を吸う。
ステップ2:吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
ステップ3:鼻をつまむ。
ステップ4:頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
ステップ5:これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。

 

いつでもどこでも誰でも出来る、簡単な方法です。
これは以前から鼻づまりを治す方法として
ネット上では広まっていますね。

 

これは実際にやってみると
結構すっきりすることに驚きます。

 

この方法では、一時的に酸欠状態を作り出すことで
脳から「空気が足りていないので鼻の通りを良くしろ!」
という命令がくだされます。

 

そうすると鼻が空気の通りを良くするために
炎症を抑えるように血流を良くする働きを
し始める、というわけです。

 

元々の頭痛の原因も酸欠ではあるのですが
肉を斬らせて骨を断つという考え方ですね。

 

とまあ、結局頭痛を治すというよりは
鼻づまりを治す方法の紹介になってしまいましたね。

 

花粉症から派生する症状には頭痛以外にも
微熱や咳などもありますから、結局鼻づまりを
治すことから様々な症状が好転するということが
言えますので、是非やってみてはいかがでしょうか。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!