花粉症は花粉に対するアレルギー反応なので
これを根本的に治療するというのは難しいですが
薬での治療法というのは昔からある
確かな方法です。

花粉症

 

花粉症そのものを治す事ができるわけでは
ありませんが、やはり単純でかつ
強力な治療法ですね。

 

ただ、花粉症の薬ってどうしても眠気を
催すものがあるんですよね。

 

 

なぜ花粉症の薬で眠くなってしまうのか?
その原因を探るとともに、そこから分かる
眠くならないで済む薬の選び方もお伝えしましょう。

 

 

花粉症の薬で眠くなる原因とは?

 

まず花粉症で鼻水が出たり目が痒くなったりするのは
私達の体に備わっているアレルギー反応というのは、
すでに周知だと思います。

 

このアレルギー反応というのは、花粉など何がしかの
刺激を受けた際にヒスタミンという物質が出ることで
引き起こされます。

 

このヒスタミンの分泌を抑制するための抗ヒスタミン剤が
花粉症だけでなくアレルギー性疾患に対する
治療薬として広まっています。

 

ただ、ヒスタミンというのはアレルギー反応を引き起こす
というマイナスの面だけを持つものではなく、普段は
脳内の神経伝達物質として脳を活性化させるための
役割を担っております。

 

なので、通常のヒスタミン抑制剤を服用すると、これが
脳内のヒスタミンをも抑制してしまい、薬を飲むと
普段よりも思考力や判断力が落ちてボーっとするような
感じを受け、それが眠気へとつながっているわけです。

 

nemu

 

抗ヒスタミン剤はほとんどの花粉症治療薬に
使用されていますが、脳への抗ヒスタミン作用が
少ない薬や、あるいは全く作用しないような薬を選べば
眠くならないで済みますね。

 

眠くならない第二世代抗ヒスタミン薬

実は、前述の「脳内のヒスタミンも抑制してしまう」薬というのは
「第一世代抗ヒスタミン薬」と言われており、すでに現在では
この眠くなってしまう副作用を改善した

「第二世代抗ヒスタミン薬」というものが開発されております。

 

第二世代抗ヒスタミン薬には様々なものがありますが
今回は
「眠くならない」
「眠気を催しにくい」

という観点から2つの薬をおすすめしていきます。

 

それはアレグラクラリチンという薬です。

 

いずれも、薬の添付文書の「重要な基本的注意」の部分に
眠気に関しての記述が一切ない、眠くならないことに関しては
お墨付きの薬と言えるでしょう
(第二世代抗ヒスタミン薬で眠気に関する記述がないのは
この2つだけ)。

 

そのため、運転時にも問題なく服用ができます。

 

その代わり、花粉症に対する効果もそれなりという感じですね。

 

即効性は?

人によってはアレグラが効いたりクラリチンが効いたり
まちまちなので何ともいえませんが、即効性に関しては
アレグラのほうがあるとされているようです。

 

副作用は?

アレグラの副作用は頭痛、眠気、吐き気などで
クラリチンの副作用は頭痛、眠気、口の渇き、腹痛などが
あるようです。

ただ、基本的にはどちらも副作用が出ることはまれな
安全な薬といえます。

 

価格は?

1日あたりの単価で考えると
アレグラは約150円、クラリチンは約120円だそうです。

これは、アレグラが1日2回の服用なのに対して
クラリチンは1日1回でいいというのが原因で
違いとなっております。

ただ、アレグラは市販薬として購入できるものの
クラリチンは病院で処方されるしか入手手段がありません。

 

どんな症状に効く?

具体的に、どちらがどの花粉症の症状に効くかというのは
何ともいえません。薬の強さは同程度なのですが
アレグラが効果なかったけどクラリチンは効いた、という
ケースもあれば逆も然りです。

 

このあたりは自分で実際に飲んだり医者や薬剤師と
相談したほうがよさそうです。

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬というのは
ヒスタミンそのものを予め出なくさせる効能があるので
ここから花粉症の予防効果が期待できます。

 

花粉症が心配という方は、花粉が最も出る
3月に入る前から飲んでおくと良いのではないでしょうか。



sponsored link

こちらの記事もあわせてどうぞ!